オーガニックカラーって!どうなの??

「オーガニックカラー」 って最近よく聞くけど、、、、☆
というお声を最近よく聞ききますし、クレール(CREER)とアルビーブ(ALVIVE)でド定番のオーガニックカラー、「 実際どうなの? 」思われている方は多いと思います♪
ワンエイジャパンの番頭、近藤巌が持てる知識をフル動員&ほぼ個人的見解を中心に解説していきますね(*^^)v

『オーガニックカラー』を名乗る規定

日本ではオーガニックカラーの「オーガニック」を名乗る規定がなく例えば1%でもオーガニックの植物などが入っていてば「オーガニックカラー」と呼ぶことができます!!
つまり、現在日本のオーガニックカラーには

・真面目で本気な「オーガニックカラー」
・「オーガニックが入ってますよ」カラー

大きく分けてこの2種類があります!!
なので、「本気のオーガニックカラー」と「オーガニックが入ってますよカラー」では髪の毛や肌への優しさ、地球への優しさも全然違ってきますよね!!
オーガニック先進国のヨーロッパではいくつものオーガニック団体があり、どこの団体の認定を受けているか?で購入者は判断しているみたいですね♪

クレールとアルビーブの『オーガニックカラー』は?

クレールとアルビーブで使用しているオーガニックカラーは、シュワルツコフさんの「エッセンシティー」というブランドの「オーガニックカラー」を使用させて頂いています!!
シュワルツコフはドイツの会社だけに、オーガニック成分がカラー剤の89%以上の「本気のオーガニックカラー」です!!
長いコト美容師をやってる僕でも、『どうやって染まるの?!』という感じですよね!!
でも、安心してください♪「キレイに染まります!!」
ここで疑問に浮かぶのが、
「この薬剤を使っている美容室に行けば一緒やん!!」というお声がweb上からでも耳に聞こえるぐらい、正しいツッコミですよね!!
半分正解です(*^^)v

根が真面目な僕たち私たちは、
シュワルツコフ主催のオーガニック講習を受け≪薬剤知識≫ ≪毛髪知識≫≪塗布技術≫など一定のレベルをクリアし「ディプロマ」を頂いています!!
『オーガニックマイスターのいる店』☆☆☆
マイスター仕上げ♪
本気のオーガニックさせて頂いています!!

↑アルビーブ八戸ノ里店の河野店長

で、どういう仕上がり?

うんちくだけをたらたら述べて、お客様にとって一番大事な「オーガニックカラーをしたらどうなるの?」というコトをないがしろにして進めてきましたが、ついに発表です!!

・ツヤ感が違う
・ボリューム感がUP
・手触りが違う

この3点をお声をお客様から、よく頂戴します!!
詳しく解説しますね♪

ツヤ・手触りが違う!!

ほぼ、オーガニック成分で出来ているカラー剤だから、髪の毛に与えるダメージが普通のカラーとは全然違います!!
オーガニックのキンセンカ、ローズマリー、シアバターなどなど、髪に優しい成分がたっぷりと入っており、髪の毛を保護しながら染めることによって、限りなくダメージが少ないカラー剤です!!
さらには、クレールとアルビーブではカラー中にトリートメントで髪の毛をケアしながら染めていくので仕上がりの『つや・手触りに』自信があります!!

ボリューム感UP

実は、普通のカラー剤にはカラー後の手触りをよくする為に、シリコンが入っています。そのシリコンが髪の毛がペタンとする原因でもあるのです!!
クレールとアルビーブで使用している「オーガニックカラー」はシリコンが入っていません!!
なので、染めれば染めるほど髪の毛が軽くなり、自然なボリュームが復活すると同時に、髪の毛をコーティングしているシリコンがないので、髪の毛に本来のツヤを呼び戻します(#^.^#)

やさしさも入ってる♪

オーガニックのカラー剤が良いだけではなく「やさしさ」もバファリン以上にたっぷり入ってます(-“-)
クレール&アルビーブでは、髪の毛へのダメージを最小限にするために、髪の毛の根本(生えてきている部分)と毛先のカラーを調合を変えています!!
※客様の希望の色や髪質に合わせて数種類のカラーを混ぜて色をつくってます♪
髪の毛の根元の方、生えてきた部分は黒いですし、髪の毛が元気ですよね!!そういう元気な髪の毛には普通の調合でカラーをつくり、毛先の(ダメージがある)部分は根本に比べて3倍やさしい調合でカラーをつくっています!!
やさしい=ダメージが少ない>^_^<

オーガニックカラーまとめ

クレールとアルビーブのオーガニックカラーは
====================
・ツヤ感が違う!!
・ボリュームがUP
・手触りが違う!!
・やさしさがたっぷり♪
====================
が、普通のカラーとは全然違うというコトですね!!

番外編1:オーガニックカラーの染め方

これだけ本気に書いていると、「特殊な方法で染めるの?」と思われるお客様もいらっしゃるとは思いますが、普通です。。普通のカラーもオーガニックカラーも染め方・カラーの待ち時間その他もろもろほとんど違いがなく、同じです♪

長々とオーガニックカラーの説明をさせて頂きましたが「オーガニックカラー」は
『髪と頭皮、地球に優しいカラー』
これだけ覚えて頂ければ、僕は今のところ本望です!!

力尽きたのでこの辺で、番頭の近藤巌でした>^_^<


ここ最近で一番まともな写真♪皆様が慣れたころに、まともじゃない写真をUPしますね(-_-)

↓メールでブログの更新のお知らせがほしい方はコチラから登録お願いします↓


 

スポンサードリンク




シェアする

フォローする