ミュージカル映画から考える♪

美容室クレール、アルビーブ
ワンエイジャパン の事務部ゆいpですよ〜♪

少し前になりますが、映画『グレーテストショーマン』を観てきました♪凄く良かったし泣けた〜✨✨

実はララランドの製作チームが同じということで観る前は全然期待していなかったの💦(ゴメン)

ララランドが個人的にあんまりだったので、もしかしたらこの映画も微妙かも、、と期待していなかっただけに余計に感動した❣これは絶対に映画館で見て欲しい!!!

この2作を観て製作チームが同じなのに、何でこんなにも自分の中で評価に差が出たのかなって思ったの🧐そもそも監督が違うから比べる必要もないけど、、あえて分析してみました!😊

まずグレーテストショーマンの監督は元々CMやミュージックビデオを手掛ける監督で、今作が初監督作品📽✨そして脚本家は「シカゴ」「美女と野獣」「ドリームガールズ」などを手がけたことのある監督が担当したんだって✨!

一方、ララランドの監督はアカデミー賞受賞作品『セッション』を手がけた実力派の映画監督で、脚本も彼自身が担当しました❣

ララランドの監督も生粋のミュージカル映画好きで、映画の中にも往年のミュージカル映画の名場面がたくさんオマージュされていて、ミュージカル映画への愛は伝わってきたんだけど、、

短い時間(CMは1分以内、ミュージックビデオは約4分)で商品や歌の世界観を伝えるという点では、グレーテストの監督の方がヴィジュアルの魅せ方が上手い気がしたなぁ〜

もちろん映画はストーリーが1番重要なんだけど、ミュージカル映画にしろ、アクション映画にしろ、ホラー映画にしろ、それぞれのジャンルで外せないポイントってあると思うの🤔🤔

私はやっぱりミュージカル映画は『歌♪』と『ダンス💃』を1番重視したい。

ララランドの楽曲は小気味よく軽やかで凄いお洒落なの♪でも、、正直ジャズは一緒には歌えないのよね。全体的な曲の雰囲気は良いけど、、どうしても印象には残りにくい(^_^;)

グレーテストの音楽は『this is me!』っていうフレーズがキャッチーだし、映画の象徴的な曲になってるから印象にやっぱり残りやすいのよね。

『ダンス』に関しては差が大き過ぎて、、(-_-)

ララランドの冒頭のダンスシーンはカラフルで壮大でワクワク感がまだあった。でも全体を通してダンスのキレのなさが目立ち、全然ダンスが面白くないの。ディズニーチャンネル出身のライアン・ゴズリングには期待していたのに残念でした😭

一方、グレーテストは舞台やミュージカル映画、ディズニーチャンネル出身の俳優が多く出演しているので、それぞれのポテンシャルが最大限に発揮されていて素晴らしかった💃🕺✨

ストーリーはグレーテストは展開が早いので、主人公に感情移入はしにくいかも。その点、ララランドは『そうゆう時もあるよね。仕方ないよね』っていう、大人ならではの割り切れない出来事や感情が上手く表現されていて、心にグッとくる部分があった。

2作品を比べながら、結局何が言いたかったのかっていうと『同じチームでも成功するかは監督次第』ということ❣

(私の好みは断然グレーテスト派だけど、、)どちらもヒットしたのでミュージカル映画としては両方成功なんだよね。

これをサロンに置き換えてみるとどうなるだろう🧐監督が上司、店長なら?

・どんなサロンを作りたいのか→若者向けのサロン?ミセス向けのサロン?

・キャスト(スタッフ)にどう指示を出すのか

・お客様に自分達の映画(お店)をどう宣伝するのか

な〜んか、上司・店長次第でお店もチームも違うものになる気がしませんか⁉😊

お客様に求められるサロンやスタイリストになることって大切だよね?そのためには何か行動しないとね。

あなたはどんな映画(サロン)を作りますか😊?

では今日はこの辺で(^。^)またね〜

スポンサードリンク




シェアする

フォローする