光の色(色温度)

光に色があるコトをご存知ですか?

といってもネオンみたいにカラフルな光の色のコトではなく、午前中と午後の太陽光にも色の違いがあります😁✨

極端に言うと、午前中の太陽光は青く透明感がある感じで、昼間の太陽光は黄色く元気のある感じですね♪

カメラをこよなく愛する方はわかりますよね🌊📷

ホワイトバランスです♪

ホワイトバランスを固定で設定していると、午前中と午後では写真の色の出かたが違いますよね😲🚀

劇的にわかりやすいスガツネ工業さんのHPより

室内もいろんな光で満ち溢れています👅
電球の色と蛍光灯の色は違いますよね!!

電球はオレンジっぽく、蛍光灯は青白色ぽい。。
※満ち溢れている分、カメラのホワイトバランスの設定が難しいですよね😅
というかできません😅😅😂
もう、えい、やーです🥒

最近では蛍光灯や電球からLEDに変わり、逆にわかりやすくなったような、難しいような。。
LEDには色温度ががいてますもんね2700Kとか。。
※ちなみに太陽は5000K~6000K

で、最近流行中のアッシュ系(青系のカラー)がキレイに見える光の色は同系色の青っぽい色、蛍光灯6000Kぐらいですね!!
同系色なのでつややかに見えます!!
逆に電球色だと電球のオレンジ色と青色の反対色なので、まざって濁りキレイに見えないですよね。

なので、アッシュ系に染めた人は夕方は髪の毛の色が濁って見えるので昼間か夜にデートしてください🥞
って違うか。。

さんざん言葉だけで説明でわかりにくいと思いますので、NO加工ですっぴんの写真で恥ずかしいですが、画像をどうぞ🕰


電球色のLED


蛍光灯色のLED

頭のてっぺんの青色のキレイさが全然違いますよね♪
電球色では自慢の青色がくすんでしまってます💡

てことで、ALVIVE岡本店の撮影ブースの照明の色をアッシュ系がキレイに見えるように、こっそり交換しました🍅

みんな気づいているかな🔥🎊

スポンサードリンク




シェアする

フォローする